2006年12月13日

乳児嘔吐下痢症(ロタウイルス)

乳児嘔吐下痢症(ロタウイルス)

●症状
 冬から春先にかけて流行する。突然の激しい下痢、嘔吐で始まる。
 嘔吐はしばらく続き、白っぽい色の下痢便を1日に何度も繰り返すのが特 徴である。
 発熱もともない、激しい下痢と嘔吐を繰り返すので脱水症状が急激に進行 することがある。
 熱と嘔吐は1〜2日でおさまるが下痢は1週間ほど続く場合もある。

●原因、治療
 ロタウイルスが原因である。潜伏期は48時間。
 特効薬はなく脱水症状をおこしやすいので注意が必要である。
 水分は少量ずつこまめに補給し症状が重い場合は点滴を行う。
 
 
posted by m at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 消化器系の病気

2006年12月09日

急性中耳炎

急性中耳炎

●症状
 かぜによる発熱や鼻汁があるときになりやすく6ケ月から1歳半の乳幼児 に多い。成長とともに段々と少なくなり6歳をすぎるとほどんどかからな くなる。
 激しい耳の痛みや耳だれ、耳の閉塞感や難聴を訴える場合もある。
 
 
●原因・治療
 かぜなどの時、耳管を通して細菌が中耳に感染し化膿性の分泌液がたまっ た状態となり発症する。
 滲出性中耳炎があるときに風邪をひき、急性中耳炎を繰り返して起こすこ
 ともよくある。
 痛みに対しては鎮痛剤を使い、抗生物質を投与して炎症を治療する。
 頻繁に繰り返す事も多いが成長とともに減っていく事がほとんどである。

2006年12月02日

川崎病

川崎病

●症状
 4歳以下の子供に多く見られる。39度以上の高熱が数日間続き、白目が 充血する。首のリンパ節が腫れて舌には赤いブツブツができてイチゴ舌に なる。 発熱から2〜3日すると体中に発疹ができ、手のひらや足の裏が 赤くなる。手足の指先の皮がむける場合もある。

●原因・治療
 原因は不明。入院治療となり合併症を防ぐためにアスピリン、ガンマーグ ロブリン製剤を投与する。
 後遺症と心臓の血管に冠動脈瘤ができ、血液の循環が妨げられて突然死を することが恐れられるがその割合は0.1%に減ってきている。
 冠動脈瘤ができても大半の場合は2年以内に消えてしまう事が多くなって いる。