2006年11月07日

麻疹(はしか)

麻疹(はしか)

●症状
 最初は38度前後の発熱、鼻水やせきなど風邪の症状から始まる。
 その2日後くらいから目が充血しだし、口の中にはしか特有の小さな
 白い斑点が見られる。
 続いて熱は一時的に下がるが再び上昇し、淡紅色の発疹が顔から現れ、  体全体に広がっていく。
 発病後10日ほどで斑点はしみのようになり消えていく。1ケ月もすると
 しみは取れてくる。

●原因・治療
 麻疹ウイルスの感染によっておこる。潜伏期間は10〜12日。
 特効薬はないので解熱剤や鎮静剤を使い、体力の消耗を防ぐ。
 合併症を防ぐために抗生物質を投与する。
 重くなりやすいので予防接種を受けておくことが大事である。
posted by m at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 感染する病気
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1667234
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック