2006年11月07日

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

●症状
 38度前後の熱が続き耳の後ろから下あたりの痛みを訴える。
 頭痛や食欲不振を訴え耳下腺が腫れてくる。
 片側の耳下腺が腫れてから2〜3日後にもう一方も腫れてくる。
 両方が同時に腫れたり片側のみの場合もある。
 腫れは1週間くらい続き、自然に治癒する。
 
●原因・治療
 ムンプスウイルスの飛沫感染により発症する。潜伏期間は16〜18日。
 特効薬はなく高熱や耳下腺の痛みに解熱鎮痛剤を使い安静が必要である。
 髄膜炎などの合併症をおこしやすいので適切な治療が必要である。
posted by m at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 感染する病気
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1667261
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック