2006年11月21日

クループ

クループ

●症状
 風邪の症状が現れ、声が枯れたり犬の鳴き声のような甲高い咳が出る
 のが特徴。のどからヒューヒューと音がして呼吸が苦しくなる。
 声帯の下部が腫れて呼吸困難を起こす。
 3カ月〜5歳の乳幼児がかかりやすく冬の乾燥した時期によく発症する。

●原因・治療
 ウイルスの感染が原因となっておこり大半がパラ・インフルエンザウイル スの感染による。他にもRSウイルスやインフルエンザウイルスなどに
 よっても起こる。 
 抗生物質は効かない。血管収縮剤やステロイド剤の投与や吸入器による冷 たい蒸気の吸入などで治療する。
 室内の乾燥は症状を悪化させるため加湿器などを使用して空気の乾燥を
 防ぐようにする。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1777020
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック