2006年12月02日

川崎病

川崎病

●症状
 4歳以下の子供に多く見られる。39度以上の高熱が数日間続き、白目が 充血する。首のリンパ節が腫れて舌には赤いブツブツができてイチゴ舌に なる。 発熱から2〜3日すると体中に発疹ができ、手のひらや足の裏が 赤くなる。手足の指先の皮がむける場合もある。

●原因・治療
 原因は不明。入院治療となり合併症を防ぐためにアスピリン、ガンマーグ ロブリン製剤を投与する。
 後遺症と心臓の血管に冠動脈瘤ができ、血液の循環が妨げられて突然死を することが恐れられるがその割合は0.1%に減ってきている。
 冠動脈瘤ができても大半の場合は2年以内に消えてしまう事が多くなって いる。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1881631
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック