2006年11月02日

成長痛

成長痛

●症状
  けがをしたり、あしをぶつけたりなどの原因がないのに寝るときになる
  と足の痛みを訴える。3〜6歳くらいの子どもによく生じる。
  痛む場所は右足であったり左足であったりとはっきりしない場合が
  多い。 

●治療
  グングンと身長が伸びる時期におこる痛みであり、下肢軸がまだ不安   定なために日中の走ったり歩いたりする疲れがたまっていると考えられ  る。さすってやると痛みは消えることが多い。
  頻繁におこる場合はX脚や扁平足などの足の変形が誘因になっている
  場合もある。